おおぬきたつや の ブログ玉手箱♪(はてな版)

自称・マルチクリエイター おおぬきたつや のブログです♪

『ルマニア戦記』‐Lumania war record‐ (♯001)

『ルマニア戦記』‐Lumania war record‐ (♯001)

 ※ワードプレスで先行公開しているオリジナルノベルのはてな版です♡

oonukita2ya.club

 

f:id:oonukitatsuya:20180722155514j:plain

 

 Episode 1 Take 1 Part A

f:id:oonukitatsuya:20180722155215j:plain


 朝も早く、まだ薄暗い、更衣室。
 人影は、ぽつりとひとつだけ。
 シンと静まり返った中で、何とも言えない面持ちをして立ち尽くしている。ただ無言で、ある種の感慨にふけるかのようにみずからが目の前にしたみずからの更衣室のボックスと向かい合っていた。シャッター式の扉は開け放たれ、その中に吊される、ひとがたをした一揃えの真新しいスーツをまじまじと見つめる……!
 真顔のまだ若いのだろう青年パイロットだ。
 その口の端が、かすかにニマリとほころびかけたその瞬間、この背後ではにわかにやかましい気配が巻き起こる。大股のドタンドタンとした足音も聞こえてきた。
「……!」
 途端に鼻先の突き出た大きな口元、ムっとへの字口にして殺気立つオオカミだ。おまけにチッと小さく舌打ちして、どこかしらよそへと視線を向ける。まるで我関せずの態度で素知らぬそぶりだが、やがて入り口にのっそりと現れたでかい人影はそんなことまるでおかまいなしにズカズカと中に入り込んでは、でかくて平たい大口開けて陽気にのたまうのだった。
「ふっふふ~ん! お、おっはよう、シーサー! なんだい今日はずいぶんと早起きじゃないか? まあぼくもそうなんだけど、やっぱり待ち遠しいもんだよな? ようやく本国から送られて来た、ぼくらの専用実験機がお披露目されるんだからさ! おかげで昨日はなかなか寝付けなかったよ」
「……っ!」
 馴れ馴れしくすぐ真横に付けての挨拶にあっても、明らかに不機嫌面したオオカミ男は舌打ち混じりにそっぽを向いてくれる。対してお互いに隣り合わせのロッカーだから横に付けるのはもはや当然、この相棒の素っ気ない態度にももはや当たり前ですっかり慣れきったでかい図体のクマだ。構わずに自らのロッカーを開けるとテンションがなおのことぶち上がる。
「わお! 新品のスーツじゃないか!? 本国からやって来たアーマーと一緒に支給されてたんだ? ちゃんとしたぼくらルマニア正規軍のパイロットスーツ!!」
 また横で低い舌打ちめいたものが聞こえるのもまったく気にならないさまで太い両腕でむんずとつかみ上げた新品の軍用スーツを鼻先でしげしげと眺めては、喜々としたさまで小躍りするそれはご機嫌なクマ人間だった。
「あっはは、コレコレ! 地味でいかつい全身モスグリーン!! やっぱりコレじゃないと立派なルマニアの軍人さんとは言えないもんな? 正直、いつまであんなまっちろくて窮屈なテスパスーツを着させられるのかってうんざりしてたんだけど、汗臭いオンボロともめでたく今日でおさらばだよ!! もうどこにも見当たらないし? それじゃ早速試着しないと! あ、でもサイズが違ってたら交換とか効くのかな??」
「たくっ、知らねーよ! つーか、ぶくぶくと太った汗っかきなでかグマなら、何を着たって変わりゃしねーだろうが? くだらねえ文句は本国のヤツらに言いやがれっ……」

 

f:id:oonukitatsuya:20180722155924j:plain

 

 しごく面倒くさげな言いように、ちょっとだけ苦笑いのクマ族の青年は顔の真ん中にでんとあぐらをかいた黒くて大きな鼻頭をことさらに膨らませて、おまけはいはい!と肩をすくめてもみせる。何かと神経が図太くてお気楽な楽観主義者は他人から何を言われてもめげないのが生まれつきの性分であり、特技でもあった。
「そんなにおデブさんでもありゃしないさ! 汗っかきなのは認めるけど? それより試着試着っと……!!」
「うぜえなっ、てか、もうちょっと離れてやれよ! でかい図体で肘打ちなんて食らわされたらたまったもんじゃありゃしねえ! ん、良く見りゃそのスーツのサイズもそれって何Lなんだよ?? バケモンめっ……」
 さっさとくたびれたランニングシャツを脱ぎ捨てて新品でまだ固い厚地のスーツと格闘をはじめる相棒に、大口開けて文句をがなるオオカミ族のパイロットも仕方なしに自らのハンガーに吊されたスーツに向き直る。
 通気性が絶望的に悪かった以前のテストパイロット用と見比べるに、こちらはそう悪くもないだろうと下着姿のままで着用することにする。その間も隣であくせくと悪戦苦闘しているらしいクマを横目で見やるに、あちらはパンツまで脱ぎ捨てた状態に目つきがなおのこと白けたものになるオオカミ族だった。
「おいおいっ、マッパで着るのかよ? 新品のスーツが台無しになっちまうんじゃねえのか!? 換えなんてそうそう効かないんだから、もっと大事に扱えっての!」
 もはや口からキバがむき出しでクレームがすさまじい相棒に、とことん太平楽なクマは親しげなウィンクかましていたって余裕の口ぶりだ。
「いいんだよ♪ そんなの気にしてる場合じゃないし、そっち向きのスタッフも付いてるしさ♡ そうとも、ぼくら表向きは実験機の試験運用目的だったのがどさくさで実戦配備に回されて、今じゃもうじき正式な配属先が決定するって話じゃないか? ええっと、なんて言ったっけ? こことはまた別の大陸西岸の属州で極秘裏に開発されてるって、もっぱら噂の新造戦艦!!」
「チッ、お気楽なこったな! 組み上がったばかりの実験機でいきなり実戦なんて正気の沙汰じゃありゃしねえだろうが? ま、オレさまとしては手っ取り早くてむしろ望むところだが、スーツと違って一点物の機体は壊しちまったら目も当てられないぜ? あの機械小僧が大泣きするだろ! 極秘裏に開発って巡洋艦もどこまで期待できることやら……そもそもここまで噂が流れてるってあたりで、どこらへんが極秘裏なんだよ??」
「文句が多いな! さっさと着ちゃいなよ、神経質な性格は戦場じゃいざって時の判断を鈍らせるだろ? それよりもとっととぼくらの新しいパートナーに会いに行こう! 夜中に運び込まれた機体の最終点検、おやっさんたちが夜通しやってくれたんだ。その労もねぎらってのお披露目式で、この格納庫の前に集合なんだってさ……あ、ほら、見なよ、ピッタリだ! あっはは!!」

f:id:oonukitatsuya:20180728020328j:plain

 みずからが苦労して着込んだ真新しいパイロットスーツを屈託のない笑みで示すクマに、それを何食わぬさまで一瞥(いちべつ)するオオカミは手早く着こなしたスーツ姿でこちらも応じる。心なしかその口元が緩んでいるようだった。
「へっ、オレだってピッタリだよ! お披露目ったってすぐに緊急発進だ! 浮かれてやがるヒマはないぜ?」
「ああ、ま、サイレン鳴ってたもんな? 今いるのは遠征から戻ってきた一番隊と補助のヤツらだけで、あとはみんな仲良くオシャカなんだっけ? ならぼくらが出るしかないよな♡ ちょっとワクワクしてきたよ!」
「遊びじゃねえだろ! もっとシャキっとしやがれよ!! まだ寝ぼけてるんなら先に行ってるぜ!」
「ああん待ちなよ! ほとんにせっかちだな♡ そんなんで戦場突っ走って結果、迷子になっても知らないよ?」
「やかましいぜっ!!」
 いざ戦支度を整えて、我らが戦場に向かわんとするデコボコの新人パイロットコンビだった。

 かくしてこれより長い戦いの歴史がはじまる……!

 

『ルマニア戦記』愉快なアニマルキャラたちのドタバタアクションロボットコメディ、始まります!

 『ルマニア戦記』・lumania war record

 愉快でポップな動物キャラたちによるドタバタ・アクション! ロボット兵器に乗り込んだクマキャラやオオカミキャラが大まじめにバトルをやらかすロボット戦記ものを気まぐれにおっぱじめてしまいました♪ 

f:id:oonukitatsuya:20180721132622j:plain

 ちなみにこちらが主役のクマキャラが乗っかるロボのヘッドのデザインなのですが、まんまクマに寄せてみました! いたずらに♡ ブサイクすぎますかね??

 キャラもメカもまだデザイン途上の段階で見切り発車でノベルをワードプレスにて公開、こちらにも順次に公開していく予定ですので、興味があるかたは冷やかしにでものぞいてみてください。ワードプレスはテキストの日本語表記が若干キビシイものがあるのですが、こちらは編集がやたらに重かったりするという弱点があり、どちらがおすすめとも言えない状況です。ちなみにワードプレスのLinkも貼っておきますので、最新版が見たいという方はそちらをどうぞ♡ ワードプレスではキャラのデザインや設定、その他のコンテンツも盛りだくさんです♡♡

oonukita2ya.club

 

fatty pop mosnters♡ おデブで愉快な仲間たち♡ オリジナルおデブモンスターシリーズ、ユニクロのUTme!にて地味に展開中!!

fatty pop mosnters♡ おデブで愉快な仲間たち♡ オリジナルおデブモンスターシリーズ、ユニクロのUTme!にて地味に展開中!!

f:id:oonukitatsuya:20180720164921p:plain

utme.uniqlo.com

オリジナルのモンスターキャラクターシリーズをユニクロのオリジナルデザインTシャツなどで公開、販売しています♪ 興味がありましたらLinkからのぞいてみてください♡ 

https://utme.uniqlo.com/jp/front/mkt/show?id=343015&locale=ja

 

ピクシブに移りました♡ SF西遊記!

 もろもろの都合がありまして、自作のノベル、近未来西遊記・はじまりの章~

 ピクシブのノベルにお引っ越しする運びとなりました♪

f:id:oonukitatsuya:20170928041151j:plain

ピクシブで公開中の自作のノベルのタイトルです♪
元はただの挿絵を加工しただけのおざなりなものなんですが♡
近未来(SF)西遊記・はじまりの章
https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=8568570
ピクシブのグループにてもいろいろやってます♡
https://www.pixiv.net/group/?id=37968

SF西遊記・はじまりの章 シーン五

SF西遊記・はじまりの章 シーン5

 

 震えていた…!

 ガクガクと、見ていて憐れなほどに、目の前の人物、この場で仕留めるべき最後のターゲットが…!!

 見ればまだ若い男のようだ。

 若いとは言ってもじぶんよりは年上だが、それでもせいぜい二十代も前半くらいだろうと見当がつく。見るからに華奢で非力そうな青年は、顔面蒼白でがたがたと震えている。

 口から声にならない嗚咽を発し、こちらを恐怖で引きつり大きく見開いた目で見ているのが勘に触った。

 出くわせば良くある反応だが、ならばこのじぶんはひとからどれほどバケモノじみて見えているのか?

f:id:oonukitatsuya:20170721145319j:plain

「ひぃっ…た、たすけてっ…!!」

 可細い声で懸命に発した命乞いがなおさらに少年の心を逆なでた。

 おれはバケモノじゃねえんだよ!

 怒鳴りたいのを必死にこらえて、一拍おいてから口から出た言葉はじぶんでも思ってもみないものだった。

「それはこっちのセリフだよ…!」

「…へ?」

 ぽかんとした表情でメガネ越しに白黒したまなざしを送る相手の、白痴みたいなさまにじぶんでも気まずくなって視線を逸らす。小さく舌打ちしてから改めて面と向かって言ってやった。

「悪いけど助けてやる義理なんてないんだけど? むしろやっつけるつもりで来たんだから! おたくら悪者なんだろ??」

 とかくぶっきらぼうに言い放ったセリフに相手は激しく反応して声を強く震わせる。

「どうして! キミたちこそっ、弱者に対して非道な権力と暴力をふりかざして…!? だってキミたちは、人間じゃないんだろ?」

 おそらくはこの見てくれをさしての言葉だろうもの、言われた少年、悟空は力一杯に否定してやった。

「人間だよ! ひとを見た目で判断すんな!! 確かにこんな見てくれだけど、おれちょっと前まではたたの中坊だったんだからな!!!」

「ちゅ、ちゅうぼう? な、何を言って?? いやそれよりも、キミ、まさか意思が…ちゃんと自我があるのか? ただの殺人ロボットじゃなくて!?」

 ただならぬ衝撃に打ちのめされたみたいな驚愕のさまで表情とメガネを震わせる相手に、また舌打ちしてもうどうにでもなれと投げやりに言っている自分の言葉がもはやわからなかった。

「チッ…じゃあ兄ちゃん、家ある?」

「は?」

「こういうのってギブアンドテイクだろ? 助けてやるんだからしばらくはお礼にこっちの面倒も見てよ。おれ帰る家がねえから」

「は??」

 完全な白痴状態のメガネをさておいて、ぐるりと頭を巡らせるサルは仲間のブタに言ってやる。

f:id:oonukitatsuya:20170721154055j:plain

「八戒! おれ悪いけどここで抜けるから! あとよろしく」
「ぶっ! は、なに言ってやがる、おまえ正気か? ぶぷっ…こいつは傑作だが、そんな思い通りに行くと思ってるのかよ??」

「おいっ…!」

 目の前と視界の外で殺気立つ気配にもお構いなしの少年はみずらかの視線で横の壁を示す。怪訝な顔つきの大ブタに悪びれもせずに言ったセリフが凄かった。

「出口、開けてよ。どうせ取り壊されるから何しても大丈夫なんだろ? ほら!」

「おまえ、本気なのか? ぶっぷぷ、わははははっ! こいつはマジでおもしれえや! それじゃどこへなりともいっちまいな!! 今日からこのおれさまがリーダーになってやるからよっ、そうら!!

 右手の一振りで壁に大穴を開けるブタのバケモノをこちらも楽しげな笑みで見上げるサルだ。

 悟空はそれまでの鬱憤がすっかり晴れた笑顔で明るく了解する。いいざま混乱する青年の首根っこを掴んでいた。「ありがとう! 八戒、じゃなくてあんたやっぱりセンパイだぜ!!」

「え、あっ、ちょっと! いや、そんな、あっ、ああああああああああっ!?」

 かまびすしい悲鳴を道連れに、道もないはず虚空を駆け上がるかにする人影はすぐにどこへともなく消え失せる…!

「ふんっ…後悔すんじゃねえぞ!」

「おいおいっ…面倒なことにしやがって、無事で済むわかけがねえだろう?」

 ちょっとだけ名残惜しそうな微妙な顔のブタに、背後から寄る細身のトリが舌打ちする。

「オレたちはもう人間じゃねえんだから…!」

 誰にともなしに、自分に言い聞かせるかにした言葉がただ乾いて空に響いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オリジナルキャラ作製します♡ おおぬきたつやでのラクガキ製作所♪

 オリジナルキャラ作製サービスの宣伝ホームページを作成したのですが、まださっぱりですね♪

 著作権譲渡なしのフリーキャラな最安50¥(条件によります)でつくりますってぶち上げているんですが♡♡

f:id:oonukitatsuya:20170203135650p:plain

 

https://oonukita2ya.jimdo.com/

近未来西遊記・はじまりの章・シーン④

  はじまりの章・シーン4

 

 カワサキの惨劇…!

 

 かつてあったというその悲劇を、少年は教科書の中でしか知ることが無かった。ほぼ同年代の仲間のふたりもそうだ。それがじぶんたちに浅からぬ関係があったのだとしても、そんなこと知るよしもありはしないのだから。

 ここいらは再開発予定地区なのだからちょっとくらい荒っぽいことをしも大丈夫だ!といつもの軽口叩く大デブの巨漢がえいと力ませかに壁をぶちこわして乗り込んだ先で、すぐさま出迎えたのは激しい銃撃の嵐だった。

 待ち伏せされていた!?

 驚きもつかの間、目の前に立ちはだかるでかい背中が微動だにせずにそれを受け止めるのを、ちょっとだけ怪訝に見つめる悟空だった。

f:id:oonukitatsuya:20170707133816j:plain


「! …あれ、せんぱい、ひょっとしておれらの盾になってくれてたりする?」

 良く見慣れた光景に、今ではすっかりブタのバケモノと化したかつての中学の先輩の、あの面倒見の良かった部活の主将時代の影を見出したりする。するとすぐ隣に控えるカッパかトリのばけもの然としたこれも中学の元先輩が冷めた言葉を地べたに吐いた。

「はっ…何を今さら? それがあいつのお役目だろう?? 全身が贅肉だらけで人並み外れて頑丈なんだ、そもそもあんなデブなんだから逃げ場もありゃしない! たとえ傷ついてもすぐに回復しちまうんだからな。だが俺やおまえはそういかない。ありがたく盾にしてやりゃいいんだよ」

「…! それってあんまり気分がよくないんすけど? だったら!」

 ざっと駆けだして仁王立ちする大ブタ、猪八戒の脇から躍り出た。目の前には席の乱れた宴席のそこかしこに黒服の男たちが殺気立つのが見てとれる。

 腰の得物を利き手に取り出し虚空に突き立てた。

 あえて悪党呼ばわりはしなかった。

 もう大義名分を唱えて自分をあざむくことに疲れていた少年、見てくれサルの執行官だ。

「成敗させてもらうぜ! 悪く思うなよっ…」

 小銃を持った人間ごときにはなすすべがないほどに能力の逸脱したバケモノ、世界の管理者たるAI(人工知能)の申し子たちだ。瞬く間に形成は逆転、あたりは血の海と化していた。口の中にイヤな味が広がる思いで、背後で上がった悲鳴を聞きとがめる。

「…せんぱいっ、八戒! 遊びはなしだといったはずだぜ!?」

「ぶっ…あそんじゃいないぜ? おめえのとりこぼしを片付けてるだけだ! それ♡」

 血まみれでもだえるひとがたの頸椎をなでるかにしてあらぬ方向にへし折るブタづらだ。確かに手加減はしたが、これではむしろ苦しめただけだろうと口の中の苦みが一層に広がる。長身のカッパもどきは視界の外で手早く死体を量産しているに違いない。そのほうがまだマシかも知れない。だったらこちらもさっさとケリをつける!

 そう決心して鋼鉄の棍棒を振り上げた先に、おそらくは最後の人影が立ち尽くしていた。